F田氏の休憩室

  1. モデルの仕事での考え
  2. 202 view

フリーモデルを呼ばないの?

かなり聞かれる事です!

現状は新規でフリーモデルを「ゲスト」「タイアップ」として迎える考えはありません。

 

「でも、フリーモデルの出演でカメラマンさん増えるんじゃないの?」

 

目先の集客力は増えるかもしれません。

しかし、長い目で見ると専属モデルで構成するメリットの方が大きいと考えています。

 

※F田の主観です

専属モデルで構成するメリット

〇 ブランド化しやすい

「momo関西に入りたい!」

そう思ってもらえる為に「厳選した専属モデル」という見せ方が必要!

 

〇 モデルの管理ができる

モデルがmomo撮影会関西に出演する以上、私(F田)の責任になります。

専属のモデルたちには長期的に関与します。

場合によって、撮影会の時間以外に関しても口を出していきます。

 

5年前はフリーモデルが10人くらい専属モデルと混在していました。

その中の数人が、

「忘れていた」とか、土壇場で「スケジュール合わないので!」

と出演中止になった事もありました。

 

また、カメラマンさんとの撮影中の会話で、

「おじいちゃん、ぬいぐるみ買いに行こう!」

とタクシーでショッピングモールに行ったり。

 

口の聞き方悪くて、自己主張の塊みたいなモデルが複数人持論を携えて突っかかってくるし(言い方悪いですが💦)

何じゃこれ!!

無理無理!!

という事でまじめなモデルもいましたが、改善を試みる事もせず、

フリーモデル制度は器の小さい私の一存で連帯責任、一方的に廃止にしました。

 

たまたま、私が赴任した時に居たモデルがそうであり、多くのモデルさんはそうでないのは理解しています。

 

ですが、フリーモデルは管理面で自己責任ですが、撮影会では私の責任となるものの管理できないと「チーム戦」が出来ないので、その時の状況では「ナシ」方が良いと判断しました。

 

それ以降も、試行錯誤しながら何人かのモデルさんに「ゲスト」出演してもらいましたが、辞めておこうという判断になりました。

 

ゲストとして出演してもらったモデルさんの中には、自分で撮影会を運営しているモデルも居ました。

自分で撮影会を運営しているモデルという事で自分と同じ様な意識持っていて、自己管理面で出来て、集客も出来ると期待していました。

 

「お腹が痛いので、現地に向かう途中で引き返しました、すいません」

この連絡で当日キャンセルあった時は、クソミソ言いました。

 

「自分、撮影会の運営者やろが!?」

「その辺の学生バイト以下か、ふざけんなって!!」

何引き返してんねん!!

とりあえず来いよって!

うじゃうじゃうじゃと長文

 

勝手に私がそのモデルが責任感持ち合わせていると思っただけで、一方的になじったので後から何度も謝りました。m(__)m

言い方がゲスいのと勝手に期待して激高した事に対して。

 

別のモデルでも似た様な事は2-3ありました。

 

長々と書きましたが、

「管理ができて、私が責任持てる人と関わるべき」

そんな所です

 

〇 撮影会としてのルールに統一感が出せる

専属モデルと同じくらいコンスタントな頻度で出演しているフリーモデルも居ました。

内々では、待遇の条件などは違うものの、参加されるカメラマンさんにとっては、同じ開催の撮影会で、モデルによってルールが違うというのは、良くない訳です。

※ルールはみな同じもので、内容は高校生とか、未成年とか、新人とかで区別する事はあります。

専属かフリーかという違いは運営側だけの事情だと思いますので

 

専属のモデルには

「ガンガンに直接営業しないように!」

と伝えているのに、同じ場に居るフリーモデルの営業スタンスはDM送って。が基本的な事だったりで

 

カメラマンさんにしてみれば、

どないやねん!?

ではないでしょうか?

 

フリーモデルに加入してもらうメリット

△ 集客の増加が見込める

△にしているのは、短期的と考えるからです。

フリーモデルを集めるのであれば、全員をフリーモデルにする方が潔いですね

チーム戦にするのは難しいです

 

△ 刺激がある、学ぶ事ができる

△にしているのは、そのモデルさんによると思うからです。

 

「おじいちゃん、ぬいぐるみ買いに行こう!」

には違う意味で刺激ありますが、影響は良くないですから。

 

ネタにしてますけど、これは極端な例で、そんな人あまりいないと思います

 

△ 収益が上がる

△にしているのは、これも短期的と考えるからです。

 

というか、目先の収益を考えるのであれば、

「そもそも撮影会の運営自体はどうなの?」

って話しです。

 

価値を提供できて、はじめて収益が伴う

なので順番も違う!!

 

自分が時間を使わないといけないものなので、限界はあります。

人を雇って。を考えるにしても、うまくやっていかないとそんなに収益の大きいものではないですし。

 

年々、競合が増えてモデル供給が増えるにも関わらず、コロナ禍で需要は減って同業とで「パイの奪い合い」みたいになっているので、「価値」を出していかないと普通にモデル募集して、撮影会に投入していくだけでは厳しいかと思います

 

そう言いつつ、何で撮影会の運営をしているのか!?

って所でしょうが

 

↓ここからはF田の自画自賛と「好き勝手言い」入って来るので、そんなの嫌いな人は飛ばして下さい笑↓

有望なモデルを応募でも、紹介でも、スカウトでも発掘して、育成してプロモーションする事は私には必要だと考えているからです。

(自分の仕事にはまだそんなに活かせてないかもですが)

 

私が直接育成していないですが、momo関西のチームに入ればモデルたちが自ら成長する環境がある風に仕掛けています(機能していると思います)

 

求められなくてもちょいちょいと勝手助言はしています

 

「良いものを提供さえすれば、上手くいく」

というのは一部の人の幻想らしいです。

(マーケティングの偉い人がそう言ってました)

 

周知させる仕組みは要りますね

 

自分のプロモーションが上手なモデルも居れば、8割方のモデルは他と比較してもあまり上手ではありません。

 

直接DMで「来て下さい」という営業手段はここでは「良し」とせず、

目先の予約の為にカメラマンさんを追っかけまわして囲い込もうとしたり、

必死に懇願する事を私は

「安っぽい!!」

「みっともない!!」

全面否定しているので、目先の集客という意味ではmomo関西のモデルは他のモデルがセオリーとしている営業手段が制限されていて厳しいかもしれません。

 

これらの手段を良しとすれば、モデルとして必要な事うんぬんよりも、まずは小手先の営業を覚えてしまうからです。

小手先の営業が上手くいけば、それをずっと繰り返して、モデルとしての在り方やスキルはなくても、甘え上手でときにゴリ押し!

それで成り立ってしまいます!

 

「甘えとゴリ!」

「雨とムチ」ではなく、

 

時間がかかるかもしれませんが、必要な事は

 

「人としての在り方」

「モデルとしての在り方」

 

を日々向上させる事だと思います。

これらの重要な事を継続して行う事により、目先の勧誘めいた営業をする必要がなくなるはず!!

 

あと、見てくれるカメラマンさんがジャッジしてくれて「価値がある」と感じてくれれば拡散される

というのも立派な戦略だと思っています

↑自画自賛と「好き勝手言い」終了↑

 

一度、辞めたモデルを再度起用しないのか?

フリー活動しているままで起用する事はありません。

あと、今まで辞めた人から「戻りたい」という申し出があれば、殆どは受け入れれると思いますが、この4年くらいは、今までそういった申し出はありません。

これは無理!

と思った時には、モデルに「ボロカス」言ったりするので、私自身に人望がないのも一因かもしれません。

 

5年前に2人、長期間明けで復活を断わった事はあります。

(凄くライトなスタンスに感じたので)

 

好きな事書いていますが、ここに書いている内容はF田氏の主観で、momo関西の人格ではないです。

ですが、今は運営者なので、momo関西の方針と捉えて下さい。

 

過去、

「私は藤田さんが書いている事認めませんから!!」

 

みたいに鼻息荒く言ってきたモデル居ましたが、社会に出たら管理職が方針を打ち出す事は普通にある事で、

後から赴任してきた管理職が方針を変える事も普通にある事です。

 

学生さんに反論しても仕方ないという感じで、その時は特に何も言わなかったですが。

 

運営者がもし変われば、このスタンスも変わるのかもしれませんね!

モデルの仕事での考えの最近記事

  1. 「何を言うか」ではなく「誰が言うか」

  2. カメラマンさんとのトラブルについて

  3. やりたい事は自分の安心領域の外にある!?

  4. 「性格」の問題だけでなく、「コミュニケーションスキル」の問題!?

  5. 割引対象のモデルは一刻も早く割引期間を脱却してもらえたらです!

関連記事

PAGE TOP